看護日に想う

 今日は年休(年次休暇)を取得して休みだった。昨日、長男K.I.が38度台の熱を出した。その関係でK.I.は昨日から保育園を休んでいて、看病のため、夫婦交代で休みを取ることになったためだ。
 急な年休となってしまい、周囲にもそれぞれ調整をさせてもらっての休み。お客さん先へ訪問して、重要な打合せをする予定もあった。個人的には惜しい。
 一方でK.I.は朝で熱は引いたものの、咳・鼻水といった喉風邪の症状が継続。こればかりは治療薬なんてものはない。病院で貰った処方薬を飲ませ、家で安静にさせておく。
 こうやって子どもに引っ張られて予定が決まる日も、今後増えてくるのだろう。好き嫌いは別として、いろんな出来事により、余る時間は減っていく。会社に、仕事に、家庭に、そして子どもに。
 世の中にいる人の親って、寛容で偉大だ。そして、子育てが好きなのだろう。今あらためてそう思った出来事だった。