緊急決裁

 今週になってちょっとしたトラブルがあった。東京都府中市のお客さん案件で、急な納期変更があって、急ぎの変更契約が必要となった。判明したのが一昨日の今週火曜日。締切は明日。
 社内ルールに乗っ取ると、「緊急決裁」と言う部類になるらしく、その判断が下されると通常の手続きと異なる手順、依頼先、準備物となる。この会社に入って13年目で初の出来事。
 マニュアルもちゃんと用意されているわけではないので、契約審査担当や調達担当に聞いて周り、さらに担当内の経験者から過去事例のドキュメントをもらい、部内の契約事務処理スタッフ(通常なら1名対応)も3名つけてもらっての対応だった。
 取引先となるベンダにも色々便宜を図ってもらい、今日の朝方、ようやく手続きを明日終えられる見通しがついた。2日間こればかり頭をよぎって、他の仕事もろくに手を付けられないくらいだった。
 通常と違って緊急決裁では関係部署に任せていることのいくつかを自分でやらないといけないため、良くも悪くもいい経験になった。今更事務処理で学ぶことができようとは。ただ、できればもう、やりたくないけれど。
 まだ明日金曜日を残すが、すでにドッと疲れているのだった。