第13回 教育 総合展(EDIX)東京

「第13回 教育 総合展(EDIX)東京」入り口ゲート

www.edix-expo.jp
 「第13回 教育 総合展(EDIX)東京」に行ってきた。「第13回教育ITソリューション EXPO」が主な目当て。
 2年前に第11回の同展示を見に行ったが*1新型コロナウイルスの影響で異様なほど展示も来場者も少なかった。しかし、今回は回帰してきたとまで言わんばかり、展示場も広く取られ、来場者も列をなす状況だった。2年間の変化を感じた。

CHIeru社ブースにて

 今回は1人ではなく、後輩Y.M.、M.N.の2名を連れて見学。主に大学向けソリューションの展示を見学していた。これまた新型コロナウイルス影響なのか、入社年次の浅い2人は、2人とも初めての展示会見学らしい。初歩的な商材のブースだったり、うちの部でよく協業する会社のブースを中心に紹介。キーワードだけ聞いていた商材を実際に目で見てもらい、より具体的に覚えてもらうことができた。
 4社ほど紹介した後は、後輩2人は自由見学。その後、担当課長K.K.が来て、同じように数社連れ回し、管理者・幹部を説明し、挨拶をさせてもらったのだった。
 俺個人も、個人でゆかりのある協業先に挨拶周り。学ぶ場と言うか、同窓会に近い感じ。中には互いに見学者として、現地で遭遇して、懐かしあったりする人にも会えたりしたのだった。
 そして、別件で福岡県にある某グループ会社から部長・副部長に来てもらっていて、品川区にある取引先の担当課長・課長代理も含め、展示会終了後に東京ビッグサイト内の場所を使って3社で打ち合わせ。打ち合わせのために集まるだけではもったいないと、展示会見学も兼ねて来てもらっていたのだった。これも実りある場になったので非常に良かった。
 その後は、この3社でそのままJR新橋駅近辺の居酒屋で懇親会。後輩たちにも再度集合してもらい、オフラインで9人の集まり。久しく社外と飲む場面なんて無い。今年度からより繋がりを強くしたい2社と、こうやって飲めるだなんて、嬉しい限りだ。
 ビジネスとしての飲み会を久しぶりに味わう。そしてそれと同時に、2軒目の居酒屋で、ボトルで入れた赤霧島の味を懐かしむ。ボトルを入れるという行為自体が懐かしい。
 今日は忙しくも、いろんな人と知り合い・再開できた。そんな実りのある日を過ごしていたのだった。

*1:2年前の様子は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com