2022 G.W. 1日目 -千葉旅行(4年ぶり) 1日目-

水族館「鴨川シーワールド」入り口

www.kamogawa-seaworld.jp
 今日は2022年のゴールデンウィーク初日。丁度4年ぶり*1に、水族館「鴨川シーワールド」へやってきた。
 新型コロナウイルスの影響で外出自粛要請も多く出ていたので、泊まりの旅行も2020年11月以来*2と、とても久しぶり。
 今回は、明日が妻Y.I.の誕生日祝い、それと長男K.I.の初旅行という意味での旅行だった。ちなみに、誕生日の前後3日だと、誕生日バッジが貰える。4年前も貰っていたが今回ももらえていて、Y.I.は満足そう。

水族館「鴨川シーワールド」のショー・展示の様子

 鴨川シーワールドの目玉といえば、シャチのショー。躍動感あるパフォーマンスと、席の半分以上がずぶ濡れになる水しぶきが特徴。ポンチョとブルーシートを準備して、その濡れる席からの見学。確かにドキドキするイベントだった。
 他にもアシカやトド、イルカ、ペンギンなど動物たちの動く様子を0歳児連れて回って楽しんでいた。今回は夫婦2人と言うより、子供(K.I.)の反応を見て楽しんだのだった。
 朝イチに行ったことと、入場制限のおかげか、全体的に空いていて、子連れでもストレス無く楽しめた。ショーはあまり見なかったけど、その分館内の食事や展示をゆっくり楽しめて満足だった。

地元スーパー「ODOYA」と海岸の様子

 鴨川シーワールドを見終わったら、軽食の買い出しに地元スーパー「ODOYA」へ。通りすがりにあって、面白そうだからと飛び込んでみた。
 さいたま市内では見ないようなお惣菜や魚が販売されいてて面白い。当たり前に活きのいい貝類(ミル貝、サザエ)がおいてあったり、くじらなんかも売られているのが特徴的だった。結局地元らしい惣菜と菓子類、それに日本酒を調達してホテルへチェックイン。
 宿は「鴨川ユニバースホテル」。天候はあいにくの雨だったが、1Fのテラスを出ると、見晴らしのいい海岸沿いが見えた。明日は綺麗に晴れるとのことなので、明日朝に期待。
 チェックイン時刻すぐにチェックインして、客室でK.I.と遊んでいた。そして、部屋風呂付きのプランにしたので、K.I.とも風呂に入る。外の風呂なんて、義実家くらいだろう。しかも湯量の多い風呂なので、K.I.はとてもはしゃいでいたのだった。

「鴨川ユニバースホテル」の夕飯

 夕飯は写真のような感じ。蓋してあるのは左(茶色蓋)が肉と鮭の焼き物で、真ん中やや左(白いのひし形蓋)が金目鯛の煮付け、右(お釜)が山菜の釜飯。これ以外に鮑とホタテの蒸し焼き、茶碗蒸し、吸い物(あさり)、デザート(2種)がついた。地元の名物・名産品が勢ぞろいで、なんだかオトクな気分。そのどれもが美味しい。唯一困ったのは、正直2人して多すぎて困ったくらいか。
 あちこち回らず、水族館1つだけ回って、あとは旅館で過ごした1日。とても優雅で落ち着けた。ゆったり始まった、2022年のゴールデンウィーク

*1:4年前の様子は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com

*2:前回の止まりの旅行は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com