2022年1月のとある労働日

 今日は人生の労働日。
 ただただ打ち合わせをこなし、決裁を起案し、上から降ってくる無茶振りを受け止めるだけ。まさに「すり減らす」1日。
 深夜22:30の勤務中に同期K.M.とする家庭と会社の話が、今日唯一の癒やし。無論、オンライン。
 今日は人生の労働日。