au Pay プリペイドカード+TカードPrime=2.75%還元の巻

 昨年10月にBlogにしたお得なクレジットカード決済手段の件*1。この改悪騒動からいまだ脱出先が見当たらない話。
 決済サービス「TOYOTA Wallet」に、6gramやKyash、TカードPrimeと組み合わせて「物理カードで3.2%還元」を実現していた。しかし、TOYOTA Walletが1.5%還元から1%になり、6gramへのチャージもできなくなった。そのため、2.7%還元に恩恵が減った上、iD決済かオンライン決済限定となり、利用頻度が著しく悪くなっていた。特に物理カードの利用ができなくなったことは影響が大きい。
 現在は物理カードとしてVISA LINE Payクレジットカードの2%還元を利用中。これ以上となると、エポスゴールドカードやJQエポスゴールドの最大2.5%還元がある。しかしインビテーションが必要で、さらに年間100万円以上の利用が必要と、入手も運用も敷居が高い。
 そんな最中だが、2%を超える還元の手段として、新たにau Pay プリペイドカードを申し込み、TカードPrimeと組み合わせた方法も準備してみた。TカードPrimeを使って、日曜日にau Pay プリペイドカードへのチャージでTポイントが1.5%還元。さらにau Pay プリペイドカードを用いてPontaポイントが0.5%というもの。VISA LINE Payクレジットカードと比較したメリットは、Tポイントが入手でき、ドラッグストア「ウェルシア」で毎月20日に利用すれば、1.5倍分使えるというもの。つまり、TカードPrimeで最大2.25%相当、au Pay プリペイドカードで0.5%で、合算2.75%の還元となる。我が家はウェルシアが最寄りなので、現実的な選択肢になった。
 ちなみにau Pay プリペイドカードからさらに6gramかRevolutへ、200円の倍数で再チャージすると、端数が出なくなり、ポイントが満額もらえることになる。中途半端な金額だと最後の1ポイントが切り捨されるが、それ回避できる。また、ICチップが無いため、使えない店もあることから、俺は6gramへ落とし込んで使うことにした。
 数ヶ月おきによりお得な手段がコロコロと変わるクレジット事情。次はどのカードが得するだろうか。終わりなき旅は続く。

*1:クレジットカード決済手段の件について、詳細は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com