オンライン忘年会 2021の巻

 今日は部の忘年会だった。
 とは言っても、オンライン(Microsoft Teams)上での開催。さすがに盛り上がりにかけるのか、朝の担当ミーティングで出席する人を確認してみると、みんな苦い顔。そりゃ、在宅勤務中に組織再編があって、知らない人だらけになる忘年会など、誰も出ようと思わないのだろう。特に若手なんかは、知り合いも少ないだろうし、気持ちもわかる。
 流石に担当内からゼロ人というのは、サラリーマンである以上、組織のメンツが立たない。・・・なんて古い考えのもと、遅れてだが参加してみた。100人以上いる部のはずだが、出席していたのは10人ちょっと。その殆どが担当課長以上の管理者。予想通りの結果である。
 俺より遅れて、俺が所属するグループのグループ長K.I.も参加。40名弱いるグループからは俺の他に担当課長Y.I.、そしてK.I.の3名。さすがにギリギリメンツは保たれたか。
 オンライン忘年会ではブレイクアウトルームという小部屋に時々移動して、少人数での会話もあった。俺は部長M.O.と2回同じ部屋になった。組織再編以降に顔を見るのは初めてだし、以前1度会議で話したことがあるだけで、話すのも2度目。昔なつかしの北海道の某案件を肴に、会話を楽しませてもらったのだった。
 他にも他グループの人たちと話をさせてもらい、案外楽しく過ごせた夜だった。名前のリストだけじゃさすがに興味はわかないけど、こうやって会話してみると非常に良いと思う。問題はそこにたどり着くまでの見えない障壁なのだろう。
 飲み会は、楽しさがあとに来る。静かながらも騒がしい夜なのだった。