緊急調書の巻

 昨日の夜、上長の担当課長S.H.から、同僚T.A.と俺に急な協力依頼があった。来年度の予算計画調書を作成していなかったらしい・・・。
 この調書は、年度を通して使われる投資等の費用を計上する調書で、自担当で使える費用のほぼ全てを記載しているものと言って良い。主に、うちの担当はパートナー企業に支払うSES費用で、アライアンス社員の人件費と言って良い。早い話が担当の生命線である。
 記載どころか、情報収集もしておらず、まったくのゼロベース。T.A.と2人、来年度の売上予想などをかき集め、数字を作って、計上する理由を書いてと、突貫工事の資料作成。昨年度と同様ベースな内容ならまだしも、来年度からアライアンスの体制変更もあるので、使い回しも出来ないところがある。
 細かな数字の詰めもできないので、多少「えいや」と多めの金額で記載する場所も出てくる。NGが出なければよいが・・・。
 結局、他の仕事を放り投げ、他のメンバに託して作業。それでも締め切りに間に合わず、総括にも頭を下げて、締切2時間後に提出。
 社内の紙っぺら数枚の作業なのだが、こんな制限事項だらけの事務作業は久々だった。これで数千万円動くのだから、恐ろしい出来事。
 ご利用は計画的に。そんな言葉が頭をよぎった夜だった。