抗体検査 陽性(抗体あり)

 先月1回目の新型コロナウイルスワクチン接種後に、中和抗体検査キットを使ってみた*1。結果は、キットの判定ラインは反応はしたものの、薄く、消化不良な状況だった。
 そこで今回、9月21日に2回目のワクチン接種も終えたので、再度検査キットを使ってみることにした。

 なんとなしの気分で、今回はちょっと違う種類のキットを使用。メーカは同じ小林薬品株式会社のRABLISSシリーズだが、中和抗体検査ではなく、普通の抗体検査キットである。
 違いは、正直良くわかっていないが、どちらも抗体検査キットであることには間違いない。

f:id:M-I-5:20211016100244j:plain:w320
検査結果(IgG[+])

 検査結果はGラインが反応し、IgG[+]、つまり抗体ありの結果となった。今回は判定ラインもはっきりと色が出て、キット自体の有効性を示すコントロールライン(Cの線)と同色。ほっと一安心。
 無論、感染リスクはゼロになったわけではないが、それでも大幅に減っただろうことには安心感。また、何より「接種済」かつ「有効」ということは、社会的な信用にも繋がると考える。今どき未接種は・・・なんて声、そのうち出てきてもおかしくないだろう。
 あとはおおっぴらに、何気なしに外で酒が飲める日を待つばかり。会いたい人、話したい人、またそういう人たちといつでも会える日は、きっとそう遠くない。

*1:中和抗体検査キット使用の様子は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com