フシギなキブンで過ごした1日

 今日は新宿区のお客さん先の仕事で、お客さん先の出先拠点を訪問。
 職場でもなく、お客さん担当者のいる場所でも無く、初めて尋ねるエリアだったので、非常に新鮮な感じ。普段しないような電車の乗り換え、道を間違えていないか少し心配したりして。
 ちなみに電車で降りたのは東京メトロ江戸川橋駅。初めて降りる場所。神田川を横目に、ちょっとした散策気分。
 出先拠点で落ち合ったお客さん2名と、こちらもK.M.と2名、計4人で現地訪問。例のブツを見せてもらいながら、今後のことを話し合っていた。
 長く続き緊急事態宣言、電車で都内に来るのも滅多になくなってきた。今までの緊急事態宣言と違って、東京オリンピック/パラリンピック開催からの緊急事態宣言は、今までとちょっと違い、「わざわざ事務所仕事のために出勤なんてありえない」くらいの感覚がある。
 それが故に、こうやって客先に呼ばれ、対応が入るとかなり新鮮というか、違和感というか、変な気分。すごくフワフワした気分だ。どちらにせよ、直行して直帰するだけなので、そんな面白いことはないのだけれど。
 電車に揺られただけでもなぜだか新鮮な気分だった1日なのだった。