俺が愛してやまない店

f:id:M-I-5:20210710083912j:plain:w480
焼魚定食(サバ)@もこちゃん

tabelog.com
 俺が愛してやまない居酒屋ランチがある。今日は外出していて、東京都国分寺市にあるその店、居酒屋「もこちゃん」にて焼魚定食(サバ)を食べた。
 JR西国分寺駅改札を出て東南方面に歩いて30秒。そんな駅前にあるレトロな居酒屋。
 お世辞にもオシャレとも言えない外観とメニュー。特にメニューは刺身定食、煮魚定食、焼魚定食の3種類のみという渋さ。
 しかし、ご飯・味噌汁は当たり前に美味しく、魚は焼き立て(まだ油がはねている)という基本に忠実な味が美味しく提供される。小鉢の数、納豆入れて6種類と言うのにも驚き。先に小鉢だけ出てくるが、このタイミングでビールが恋しくなる。
 また、基本は常連中心なのだろう。落ち着いた雰囲気の中高年と愛想の良い店主の地元トークがBGM。これがまた、住宅街で食べる地元の味感を出して面白い。
 極めつけは席でタバコが吸えること。今どき東京都内で、こんな店めったに無い。以前、喫煙者である職場の上司(グループ長T.K.)を連れて行った時は、それだけで話が盛り上がったものだった。
 味も、雰囲気も、レトロな美味しさ。時間の過ごし方もゆったりとしている。俺はこの店を愛してやまないんだ。