惜しいぞ、電子化。の巻

 会社で厚生関連の手続きがあって、とある申請が必要になった。
 無論、このご時世なので、ファイルは電子化されてアップロードだし、申請そのものもフォームによる電子申請。フォームまで追いついていないものも、郵送が不要で、電子メールでの送信で申請とみなされる。
 1年ちょっとでとても便利になったなぁと思っていたのだが、思わぬ落とし穴があった。
 それは、電子ファイルの様式が古いままで、たった1箇所だけ押印が必要なこと。そのためだけに会社に出て押印し、スキャナでPDFを取得しなければならない。そうなってくると頑張ってPDFを編集して氏名や住所を埋め込むのも面倒。結局全部出勤後に手書きすることにした。
 なぜ押印が必要なのかはわからないが、結局申請する側は出勤して対応せざるを得ない。申請を受理する側は在宅でも対応できるのだろうけど・・・。
 悪意なんて無いだろうけど、もうちょっとだけ申請フローを見直して欲しいと思った、残念な出来事なのだった。