VISAクレジットカードがApplePayに対応した話

toyokeizai.net
www.watch.impress.co.jp
 昨今、クレジットカードブランドVISAがApple Payに対応したことがニュースで取り上げられている。
 日本国内ではまったく騒がれる事態ではない。店頭や公共交通機関ではiD経由またはFeliCa経由での決済が普及しているが故、結局、”iPhoneでかざして決済する”ことに違いが無いためだ。しかし、これは日本独自の事情である。
 世界的に考えれば他国のクレジットカードはiDやQuicPayに対応していない。そのため、VISAカードであっても国内ではクレジットカードとして使うことはできても、電子マネー(Apple Pay)として利用することはできない。しかし、今回の対応で、海外のクレジットカードを日本で利用することに意義が見えてきた。
 正直、ピンとこない話題かと思ったのだが、手元にある、とあるクレジットカードがVISAのタッチ決済(Apple Pay含む)だと非常に高還元であることに気づいて身近に感じたこの話。これを機に海外のクレジットカードにも目を向けてみようと思った出来事なのであった。