情報処理技術者試験 -ITストラテジスト試験(ST)- 2021春

f:id:M-I-5:20210424114322j:plain:w480
芝浦工業大学 大宮キャンパス

 ライフワークの1つとも言える年2回の情報処理技術者試験。今回はITストラテジスト試験を受験。新型コロナウイルスの影響で、以前春試験だったものが秋へ、そして秋試験だったITストラテジスト含む試験区分は春試験へスライド。半年待って満を持しての受験となった。なお、ITストラテジスト試験は2018年以来3年ぶりで、ついに5回目となる。
 会場は埼玉会場で、芝浦工業大学の大宮キャンパス。
 今回は通信教育を受講し*1、それなりに勉強して挑んだ。
www.jitec.ipa.go.jp
 最後の2018年に受験した時は午前IIからつまづき*2、無対策であることを反省した。これが功を奏して、午前IIは88%(25問中22問正解)だった。試験名にITとつくにも関わらず、問題の多くは経営的問いなので、例年鬼門だった。無事通過したことで一安心。
 午後Iは問いの選択で2問中1問、相性が悪いもの(問1)を選んだものの、まぁ無事だろうという感触。この辺、長年受験してくるとわかってくる。70%くらいの正答率と判断している。ちなみに問1と問3を選択したが、どう考えても問1はタクシー配車アプリ「Go」のことだと思ったし、問3も富士フイルムやカメラのキタムラなどが想像される。時事問題として身近に感じた点は受けていて気持ちがいい。
 午後IIは直近の経験を元に問2を回答。こればかりはもうわからない。通信教育のアドバイスをもとに、目次立てやアピールの明確化、それと文字数を増すことに注力。「ネタは十分に持っている。」と通信教育のアドバイスにはあったので、表現の改善に注力した。
 やることはやりきった。合格発表の6月25日の判定を待つばかりである。

*1:通信教育の様子は以下の記事を参照。 m-i-5.hatenablog.com m-i-5.hatenablog.com

*2:2018年の様子は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com