WSR-1166DHPL2/N

 自宅の無線LANルータを買い替えた。
 自宅のWi-Fiが度々切れるので、原因を探ってみたところ、今使っている「PA-WG1800HP4」と言う無線LANルータ*1が、再起動していることが原因のようだった。Wi-Fiが切れた直後に無線LANルータとONUを見ると、無線LANルータが再起動していた。ログからさらに原因調査をしたかったのだが、この機種、ログを保管する機能が無いみたいで分析できず。この際だからと買い替えることにしたのだった。

 購入したのはバッファロー製「WSR-1166DHPL2/N」。スペック的にはMIMOの数が3x3から2x2に減ったり、通信規格上の速度がIEEE802.11acで、1300Mpbsから866Mpbsに落ちるなど、色々落ちている。だが、そもそものNGN回線が100Mpbsなので気にしないことにした。
 そもそも、Wi-Fiが切れる原因がわからないため、製品を選ぶ基準が無い。そのため、考えなしにAmazon.co.jpの「無線・有線LANルーター の 売れ筋ランキング」で1位だったこの製品にしたと言うのが実情。値段も3,480円だし、IPoE対応し、ログ保存機能もあるので言うことなし。実験機として躊躇なく購入。
 取り付けて数日経つが今の所Wi-Fiが切れる現象は発生せず。現時点では旧無線LANルータの電源不良だったのでは・・・と邪推しているところ。ちなみに、5GHz帯のWi-Fiは一部周波数帯が屋内のみで、場合により航空レーダや気象レーダの影響を受けるケースもあるらしい*2。これが原因でないことを祈るばかり。
 もうちょっと様子見するが、ひとまず快適に、Wi-Fiが切れることなくつながるようになったので満足。

*1:購入時の詳細は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com

*2:詳細は以下参照。 www.phileweb.com