不思議な概念「集合Web(リモート)会議」

 緊急事態宣言下、今日は職場へ出勤。新型コロナウイルスの怖さはあれど、結局出勤せざるを得ないのであれば、周囲の外出自粛はありがたい。今の家に住んで、平日で初めて最寄り駅から座って出勤できたのだった。
 なんで出勤したかと言えば、お客さん先とのWeb会議を、社内メンバは集まって出席するため。お客さんとはリモートなのに社内メンバは集合って、まったく意味不明過ぎる。要はマイクオフしてゴニョゴニョと喋りたいからなのだろうが、そんなの裏でチャットすればいいのだが・・・。そんな風に不満だった。
 ところがWeb会議に出たら、お客さん先でも集合して出席している人多数。ちなみにこのお客さん、日本で1番新型コロナウイルス対策に気を使っているであろうトップがいる会社。そしてうちは名ばかりとは言え、リモートワークを得意としたIT企業を名乗っている。それなのにどちらも集合だなんて、もはや可笑しくて笑ってしまった。
 1年経ってもリモートネイティブになり切れていない日本の風土。今進めているとある支援プロジェクト、最大の難所。