ふるさと納税 2020 #9(終了)

f:id:M-I-5:20201006200848j:plain:w480
山梨県大月市「【大人気】山梨県産 厳選シャインマスカット 秀品 約1kg」(寄付額:10,000円)

 先日行った今年3回目のふるさと納税*1。その3回目で寄付した際の返礼品であるシャインマスカットが到着。

 大きな房換算で1.5房分、これで1kg。2人暮らしにはこれでも多いくらい。早速味わってみたが、スーパーマーケットで食べるものとは比べ物にならない美味しさ。直送の凄さを感じ取った。
 今年のふるさと納税で感じたのは、生鮮食品や加工品などがやっぱりいいということ。総務省方針では、寄付額の3割相当とは言え、野菜や肉に定価を定めづらい。例えば、「いくら」は10,000円の寄付で3,000円相当の返礼品が来たと行っても、同じ地区産の商品を通販で買おうとすると5,000円以上するなんて当たり前。ふるさと納税の返礼品向けの品だけ定価の値決めがおかしいのだ。
 考えが改まったので、来年の寄付先は大分検討する余地がありそうだ。早速楽しみ。

  • 埼玉県鳩山町「醤油バラエティセット」(寄付額:12,000円)
  • 福岡県新宮町「Z093.<博多一双>ラーメン4食セット」(寄付額:5,000円)

 ちなみにBlogへ記載損ねていたが、上記2寄付の返礼品も以前に届いていた。
 醤油は地元埼玉県産という点に惹かれたが、地元の有名メーカだけあってさすがにいい味している。ただ、バリエーションが多すぎて使い勝手が悪い。にんにく醤油の消費しどころが無くて特に困る。
 ラーメンは美味い。ただ、一双を再現したかと言うと疑問。また、博多豚骨ラーメンは細麺で、自宅で作ると伸び伸びに・・・。これは自身の調理能力の問題だが、反省。
 以上で2020年のふるさと納税は終了。いろいろ書いたがとても楽しめた年だった。また来年1月からは何にしようか。早速次が待ち遠しい。

*1:3回目のふるさと納税の様子は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com