初利用「分断勤務」

 祝日が多いこともあり、今週唯一の出勤日。
 事務作業が多い日は職場環境のほうが何かと捗る。リモート接続で社内PCを使うとラグが多いし、モニタやマウスなども貧弱なためだ。なんだかんだと1日資料作成をしていた日。
 午後になり、同僚T.A.から打ち合わせの打診。それの開始がなぜか本日19:30で、さすがにスタート遅くないかと聞いたら、担当部長K.H.の予定が空かないらしい。トラブル対応なので急ぎは急ぎ。ただ待つのも生産性無いなぁと思って、ついに「分断勤務」なる制度を使ってみることにした。
 要は勤務時間を連続せず、1度退社してもう1度出社すること。今回は、1度18:00に退社し、帰宅。そして自宅から19:10頃再接続して、19:30からの打ち合わせに参加した。
 今日はK.H.と昼メシを食べていたので、自宅から会議に出た俺に驚いていた。他方、「効率的でいいね。」とやっていることそのものには理解を示してもらった。制度がある割には誰も使っていない分断勤務、初めて有効活用できた。
 何やら来月からはリモートワーク・在宅勤務が制度上でも前面に出され、新たな制度・手当が創設されるらしい。今までも大きな変革とも思っていたが、これでもまだ世の中的・会社的には道半ばなのだろう。新しい取り組み・新しい働き方、さらに適応していこうと思った日なのだった。