手乗り文鳥

f:id:M-I-5:20200705153045j:plain:w320
手乗り文鳥
 最近の我が家の文鳥。自宅のリビングにいると近寄ってくるのは以前からだったが、最近では手に潜り込んで握られるのも慣れたよう。このままニギニギと触っていると、ずっとこの顔で佇んでいる。
 気持ちいいのか、付き合ってくれているだけなのか。彼の真意はわからないが、とりあえず慣れたようではあるようだ。