BIGLOBEモバイル タイプD(NTTドコモ回線)への再乗り換え

m-i-5.hatenablog.com
 2018年10月に、通信回線の遅さに困ってMVNOBIGLOBEモバイルを、タイプD(NTTドコモ回線)からタイプA(KDDI回線)に乗り換えた。そして今回、再乗り換えで、タイプDに戻すことにした。
kakuyasu-sim.jp
 理由は前回と同じく通信回線の遅さ。格安SIMの速度比較をしているWEBサイト「格安SIMスマホ比較」を参照すると、本日時点で10位と11位になっている両回線を比較すると、負荷ピーク時の12:00台で、12:00時点で9.20Mbps(タイプD)と1.30Mbps(タイプA)と8Mbps以上の開き。夕方の17:30時点では21.51Mbps(タイプD)と9.61Mbps(タイプA)で10Mpbs以上の開き。
 2018年10月時点に比べれば両回線ともにだいぶ改善したが、それでも昼帯に不便さを感じていた点もあった。また、KDDI回線そのものが色んな場所で繋がりづらいという残念な事情もあり、NTTドコモ回線に戻すことにしたのだ。
 ちなみにWEBサイト「格安SIMスマホ比較」ではより速度が出ていたり、もっと安い価格のMVNOもあるが、諸々の理由でBIGLOBEモバイルそのものからは離れなかった。IIJmioがもっとスピード出ていたら、乗り換えていたかも。

  • ISP事業も行っている設備投資に対する信用度(特に重要)
  • MNO(NTTドコモ/KDDI)チェンジが可能
  • 追加SIMサービスが割安で利用できる

 上記がBIGLOBEモバイル利用での、個人的なメリット。今後はeSIM対応してくるMVNOがそろそろ出ること待つばかり。週替りキャリアチェンジも近い未来に叶うだろう。