いつもの店がいつも通りじゃなかったのブルーズ

f:id:M-I-5:20200405120351j:plain:w320
丹沢山 秀峰(川西屋酒造店・神奈川県山北町)
tabelog.com
 春もそろそろやってくる。今日は知り合いSと酒を飲もうと言っていた日。そんな場所に選んだのは、JR浦和駅近くにある居酒屋「和浦酒場」。
 ここでいつも冬季だけメニューにある、いくらの醤油漬けが食べたくて訪ねた。酒は丹沢山 秀峰(川西屋酒造店・神奈川県山北町)と共に。いくらは大粒で、強めに弾け、濃い味。これに酒が合う。今季も大変満足。
 人気店なのに客が俺たち入れて3組しかいないのは、新型コロナウイルスの影響だろう。換気もしっかりされ、煙草を吸う客もいない。いい距離感を他の客と空けてある。接客はいつも以上に丁寧(1組1店員級)で、品出しも早い。全く皮肉なことに、この騒動のせいで店の雰囲気は少し代わり、一般的に言えば、とても落ち着いた店になっていた。
 俺からすれば店名のように、もっと活気ある酒場感あっていいのだが。早く騒動が収まって欲しい。いつもどおりの和浦酒場で、今度は百合根の丸揚げでも食いに来たいと思う。