2019年振り返りと2020年に向けた抱負

 今年も例年どおり、昨年の振り返りと、新年の抱負を述べる。尊敬するBlog「( ゚Д゚)<三行ブログ」に倣って
 昨年の抱負は「作る」だった。年が終わってみた結論としては、まさに公私共に「作る」ことに終始した1年だったと思う。職場では会社の大きな課題となっていた一大プロジェクトに参画し、それをまとめあげた。他にもチームを任され、大きなプロジェクトをいくつかこなしていった年だった。チームビルディング、周囲を巻き込む力、そういったことが成長した1年だった。また、家庭においても夫婦生活の基本が出来てきたし、笑顔で過ごす日々を作ってこれた。そのどれもが”積み上げた信頼”の上に成り立つことも理解できた。俺としては良かった1年。
 さてそんな中、今年の抱負は「染める」とした。
 昨年作ってきたものを工作に例えるなら、まだ木組みの枠だ。それは無骨で、多くの人が喜ぶような風合いをしているわけじゃない。これを周囲の人の力や、自分自身の努力で染め上げ、親しい人たちや困っている人たちに向けて広めていける存在になれればいいと思った。昨年悩んだ、「人生をこれからどう作っていくか」に整理をつけた昨年。これを発展させるための足がかりの年にしたいと思う。