「秋山黄色」に大ハマリ

Hello my shoes

Hello my shoes


秋山黄色『 やさぐれカイドー』
 ここ最近、「秋山黄色」というミュージシャンにハマっている。ROCK IN JAPAN FES. 2019に出演しているという情報から試し聞きしてみたところ、ドハマリした。
 理由は、シンプルなコード構成に皮肉った歌詞というPunk Rockの王道である点。アルバム「Hello My Shoes」はすでに毎日通勤の供だ。突き抜ける感じの進行も、聞いていて気持ちがいい。
 現代的だなと思ったのは、あくまで自分視点であること。THE BLUE HEARTSを例に取れば、無骨で社会風刺を歌うようなイメージだが、そういったものはまったくなく、終始"自分ごと"である。政治色なんて毛頭ない。これは良し悪しあるが、軽く聞けていいだろう。
 また、多くの人にとってどうでもいいことだが、後々調べたら栃木県出身ということで、経歴を見るとすごく親近感が湧いた。
 久々の大ヒット。早く2枚目のアルバムが出てほしいと願うばかりだ。