現場所長デビュー 2019 夏

 すったもんだあったが、国分寺市のお客さんプロジェクトの着工を7月25日から迎えていた。日々、現場入りしている。
 今回は建設工事な要素もあるため、現場代理人兼監督員として現場入り。いわゆる作業着姿にヘルメット。この夏、俺は現場所長としてデビューする。
 実は2年前に主任技術者を取得しているのだが*1、今まで経験したプロジェクトは多くて同時15拠点だったし、ネットワークのLAN配線作業があるくらいだった。今回のように20を超える拠点で並行に工事が走る上、LAN以外に電源作ったり、壁に穴開けたり鉄骨切ったり、ボード貼ったりするような本格的な工事は初。バケット車も入る。
 未経験ではないもののやることが多く混乱気味。そんな中、監理技術者(現場監督)が腕のいい親方なもんで、その人に付いて、ほぼ弟子状態で日々を過ごしている。
 昼は気温35度を超えることも多く、熱中症対策が欠かせない。納期は8月下旬。「熱中症対策、ヨシ」で、夏を乗り切るぞ。

*1:主任技術者取得の詳細は下記参照。 m-i-5.hatenablog.com