過労・ひやむぎ・梅雨入りの巻

f:id:M-I-5:20190622173114j:plain:w320
ひやむぎ
 過労気味な平日が終わり、金曜夜飲みすぎた翌昼(すでに朝ではない)。外を見れば大雨。仕方がないのでひやむぎを茹でて食べていた。
 梅雨の時期なんだなと実感した1日。今日は夕飯を作れそうにない。