多摩蘭坂を歌いながら


Tamaran-Zaka
 東京都国分寺市のお客さん案件。実際に現地へ出向いたのは今日が初回になる。打ち合わせで、JR国立駅へ降り立った。
 西東京エリア、特に国立市といえば、忌野清志郎が思い出される。降りた瞬間から、彼の歌「多摩蘭坂」が頭から離れない。道中、歌を歌いながら歩いて向かうほど。
 どうやら、この案件、好きになれそうだ。