QRコード決裁を使いこなせ -PayPay&LINE Pay-

 昨年下旬あたりから世間を騒がすようになったQRコード決裁。
 その2大巨頭といえば「PayPay」と「LINE Pay」。実はこのどちらも登録している*1
 狙いはむろん、初期導入期の20%や15%といった高額還元狙い。欲しいと思った商品が、ただこのツールを使うだけで大幅値引きされるのなら、使わない手はない。
 PayPayはチャージもできるし、残高不足ならクレジットカードからも自動引き落としなのでチャージの心配がなくて良い。最近ではタクシーや小型店など、電子マネーが普及してこなかったところでも使えるのがとても良い。
 一方でLINE Payはチャージ限定ながら物理カードも発行されているため、還元狙いでJCB加盟店にて物理カードを使う手もある。
 ただいずれにせよ、困ったことに対象店舗がなかなか覚えられない。結局2つも登録して、主な利用場所はコンビニか、せいぜいタクシーくらい。以前ロフト(渋谷LOFT)で使えることが分かったのだが、その時点ですでにレジ前にいて、今更店員を待たせてチャージするのも・・・と思い普通のクレジットカード決済してしまっていた。
 プラットフォームや加盟店の増加は非常にいいのだが、自分の心構えが出来ていない。まだまだ高額キャンペーンは続くので、ちゃんと使いこなそうと反省しているのだった。

*1:LINE Payの登録した模様は下記参照。 m-i-5.hatenablog.com