ふるさと納税 2019

 2019年度もふるさと納税を実施。
www.furusato-tax.jp
furusato-izumisano.jp
 今年はふるさとチョイスに加え、返礼品の還元率の高さやAmazonギフト券の配布で話題になっている大阪府泉佐野市が運営する直営サイト「さのちょく」も利用した。

 今年度分はできるだけ自治体数を減らすことを意識。例年5自治体ギリギリまで選んでいたが、ワンストップ特例の申請が面倒になってきた。同じものを複数セット頼むことと、魅力的な返礼品が多い泉佐野市のおかげもあり結局3自治体に絞ることが出来た。
 ふるさとチョイスは昨年と同じものを選択。非常に美味しいビールと日本酒であり、もう定番化しつつある。一方、さのちょくは完全に生活で使っているものを選択。結局酒中心ではあるが、ホワイトベルグは家庭での定番なため、いずれ消費するだろうと見込んで選んだ。冷凍食品も同様。ホワイトベルグ6ケースの置き場所は決めていないが・・・。
 また、泉佐野市は5月配送とし、Amazonギフト券20%を併せてゲットできる予定。制度悪用だ何だと言うが、個人的には制度を作った側がアホなだけだと感じている。利用者側としては、泉佐野市は制度をよく読み込んで戦略的にやっていて偉いと思う。
 年々利用者数が増えているという噂だが、その分制度も過渡期に来ているふるさと納税。また来年はどのように変わるのか楽しみだ。