証券会社爆撃

 ここ最近堅調だった株・投資信託の運用。東証2部やマザーズなど比較的小さな市場の新規上場株や、米国を中心とした海外株の投資信託を中心に狙って買っていた。
 そんな最中、とあるネットショップ運営を中心とする企業の株を買っていて、「これはまだ上がるぞ。」なんて思って持ち続けていた。ところがある日、野村證券が出した証券会社独自のレーティングでその会社の情報が出た途端に値下がりが始まった。最高値と比較して10%以上下落したのである。
 企業内の業績やイベント・インシデント、業界の出来事ならともかく、まったく別の情報ソースからやられたことは初めてだったので面を食らう出来事。久々に驚いたけど、この対策ってどうやったらいいのだろう。途方に暮れてしまうのだった。