The Honeymoon to Italy, Day 6

 イタリア新婚旅行6日目。今日はミラノ市内を観光。

f:id:M-I-5:20190324143325j:plain:w320
最後の晩餐
 朝1発目から1番の目玉。サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にある「最後の晩餐」を見学。ここまで観光した中では1番厳しいルールが敷かれた場所だった。入る人数・見られる時間も制限されている。反面、その御蔭で静かに見学する事ができたし、素晴らしい絵画を心置きなく見ることが出来た。一生の思い出の1つになろう。
f:id:M-I-5:20190324143313j:plain:w320f:id:M-I-5:20190324143251j:plain:w320
ミラノのドゥオーモの外観(左)と内部(右)
 有名都市にはドゥオーモ(大聖堂)あり。なんとなくわかってきたイタリア観光。ミラノもミラノで素晴らしい大聖堂があった。ベネツィア観光のときツアーガイドが「イタリアは街を作るとき、まず協会を作ってからほかを作る。」と言っていた。確かに街の中心にはどこにもドゥオーモがあったし、ドゥオーモを中心に栄えていることがよくわかるのだった。
f:id:M-I-5:20190324143221j:plain:w320
ミラノのドゥオーモ上からの様子
 そんなに大切な存在のはずなのだが、実は登れるし、エレベータも着いていたりする。早速登ってみた。
 他の都市に比べやや近代的な建物も見えるミラノ。快晴の天気と相まって良い景色だった。
f:id:M-I-5:20190324143512j:plain:w320f:id:M-I-5:20190324143458j:plain:w320
「ルイーニ」と「マクドナルド」
 今日は昼夜好きに出歩いていいこともあり、昼メシは地元の有名ファストフード(揚げピザ)の店「ルイーニ」に挑戦。加えて、イタリア版マクドナルドにも挑戦。ルイーニは非常に手軽に食べられる上、イタリアントマトが美味しいピザを食せた。マクドナルドは、意外なことに日本と同じ味だった。この味は正解共通らしい。
f:id:M-I-5:20190324143435j:plain:w320f:id:M-I-5:20190324143447j:plain:w320
ミラノ市立水族館
 そして観光客はなかなか立ち寄らないであろう、ミラノ市立水族館も見学。センピオーネ公園内にある水族館で、水族館好きの妻Y.I.が見つけて、他の観光もそこそこにここを見学したのだった。
 市民向けのものなのであまり期待はしなかったが、公園含め綺麗な造りだし、よく出来ている展示で、案外満足。市周辺にいる魚たちのことがなんとなくわかったのだった。
f:id:M-I-5:20190324143422j:plain:w240
ミラノ市内のトラム
 観光の締めくくりは帰り道。水族館も出て中心街で買い物もし、最後の最後はトラムというミラノ市内で運行する電車にて帰宅。これがチケットはなぜか街なかの売店で買うシステムで、ちょっと面白い。ちゃんと乗れるかドキドキだったが、目的地であるホテルまで無事たどり着けた。
 イタリア観光最後の晩餐は、中国好きなY.I.の推薦もあり、ミラノにある中国人街で中華メシ。地元民らしきイタリア人とも触れ合い(えび餃子を食べさせてあげた)、気分はミラノっ子。そして帰り道に同じく中国人街のテイクアウトでチキンを買って、ホテルで飲み直しビール。
 兎にも角にも遊び尽くした1週間。観光・散策・食い倒れ・ショッピングな日々もひとまず終わり。体調・天候、そして同行してくれる妻Y.I.の笑顔にも恵まれた旅行で、本当に良い旅立った。あとは2日間かけて無事帰宅するのみ。
 さすがに、帰国したら少しゆっくりしたいかな。