The Honeymoon to Italy, Day 5

 イタリア新婚旅行5日目。今日はベネツィア市内とベローナ市内を観光。

f:id:M-I-5:20190324140653j:plain:w320
ベネツィア市内の様子
 ベネツィアにて起床。1週間近く海外にいることで、段々現実なのか夢なのか区別がつかなくなってくる。起きて市内を歩いてみれば、さらに水路に囲まれた街並みが広がり、余計に夢気分。ただ、それなりに美味い朝食を食う頃には、これが幸せな現実なのだと気づき安心するのだった。
f:id:M-I-5:20190324140634j:plain:w320f:id:M-I-5:20190324141018j:plain:w320
ゴンドラ乗船中
 昨日、ピサの斜塔で「斜塔を支えるポーズ」で写真を撮ったが、それと同じくらいイタリア観光でベタな「ベニスのゴンドラ」に搭乗。ラッキーなことに1番いい席(メイン席)だったし、登場者すうも最小の船に乗れてゆったり観光できた。
 生活のために使われている船も当たり前に運行されていて、今でも水路が生きているのだと言うことに感動。日本・東京と比べて、この街は今でもスローに生きている。
f:id:M-I-5:20190324140616j:plain:w320
イカスミパスタを食す
 今日の昼メシ時は自由行動だったので、サン・マルコ広場近くにあるいかにも地元に根付いてそうな店を狙って入った。いかにもな肉体労働者や休みと思しき親子がいて、ここはいいと確信を持つ。
 ベネツィア名物のイカスミパスタを食す。妻Y.I.はボンゴレビアンコを注文し、2人で取り分けて食べた。拙い英語でも伝わるもので、なんとかお目当てのものにたどり着けて満足だった。
 ちなみにパスタはイタリアだと前菜にあたるようだ。周囲はパスタ、肉、デザートの順に食していた。体格の違いもあるだろうが、さすがにそんなに入らない。ジモティーに恐れ入ったのだった。
f:id:M-I-5:20190324140602j:plain:w320
サン・マルコ広場
 常に人がいるサン・マルコ広場。このテーブルでワインと簡単な肉料理でランチ、なんてのもやってみたい(が高そう)。またイタリアに来る理由、いっぱい出来ていい。
f:id:M-I-5:20190324140550j:plain:w320f:id:M-I-5:20190324140632j:plain:w320
ベローナにあるジュリエット生家(左)と落書き(右)
 ベネツィアを後にして、今日の宿はミラノなのだが、ちょっと立ち寄り。ベローナという地方で、市内散策。そして、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」、そのロミオとジュリエットの生家とされている家などを見学。
 写真左はジュリエットの生家。写真中央奥にジュリエットの銅像が置かれていて、これの胸を触ると幸せなことがあるらしい。ただ、周囲は修学旅行らしき生徒でいっぱい。近くに行くことは諦め遠くから見ていたのだった。
 また、写真右はその生家通り道にある壁の落書き。まあ、やりそうだよね、子どもたちなら。Banksyという現代アーティストを思い出すほどパンキッシュな状態の壁。思わず1枚撮影してしまった。
 毎日が「ど定番イタリア」な感じで、毎日が楽しい。旅行も観光としては明日がラスト。体調も天候も絶好調な日々で、最後まで楽しみきりたい。