地獄の行軍 -The Trauma Tour(The Trouble Travel)- Season 2, その日は突然に編

m-i-5.hatenablog.com
 当Blogには隠れカテゴリとして「The Trauma Tour」シリーズというものが過去に存在した。
 もともとは学生時代、前振りなしに唐突に始まる同期との旅行のことを「トラウマツアー」と呼んでいたのだが、上記の名称を使うころには、親友R.I.が趣味とする日本百名城を巡るツアーのことを指すようになった。
 こいつがなぜ"Trauma"なのかと言えば、毎回マイナーでアクセスが悪く、スジの悪い城ばかり行くから。たいてい有名な城はR.I.1人で行って終わっているし、電車などでアクセスのいい場所もしかり。さらにR.I.は車の運転は苦手。つまりは僻地は、誰かが巻き込まれて旅することになるのだ。

f:id:M-I-5:20190222115834j:plain:w320
この時点ではまだハンバーガーを食べているだけ。
tabelog.com
 今日は祝日・建国記念の日だった。数日前にR.I.から連絡があり、時間に余裕があるので浦和でハンバーガーでも食べようと誘いがあった。せっかくなので近場に住むT.T.も誘う。この段階では、ハンバーガーを食べて解散する流れだとマジで思っていた。
続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

 出たよ・・・唐突に。「続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集) 」。早い話がスタンプ帳・・・。「埼玉県は3つあって。」じゃねーよ。
 もはや笑うしかない。2013年以来*1、6年ぶりの「The Trauma Tour」だ。
f:id:M-I-5:20190222122519j:plain:w320
菅谷館跡
 近場でレンタカーを借り、まずはじめに訪ねたのは埼玉県嵐山町。すでにこの時点で高速道路を飛ばして到着。場所は「菅谷館跡」。この"跡"ってつくと、たいてい原っぱ。
 着いてみたけどやっぱり原っぱ。多分建物があったこと示したいんだろうけど、この丸太。虚しさが湧き上がる。
f:id:M-I-5:20190222122523j:plain:w320
三ノ郭
 よく見ると「三ノ郭」という表記が。言い換えれば「三の丸」である。"三"が付くということは、これより見栄えがいい場所はあと2箇所しか無いとも言いかえられる。思い出してきたぞ、このトラウマ的感覚。
f:id:M-I-5:20190222125149j:plain:w320
菅谷館跡の堀跡
 R.I.曰く「菅谷館跡で1番インスタ映えする場所」、堀跡。確かに当時これだけ深い堀があれば守りは固かっただろうが、それより二の丸も本丸も原っぱ。原っぱチェックだけしてここを跡にした。
 2つ目に訪ねたのは嵐山町役場。何を言っているんだと思うかもしれないが、役場。2つ目の城は「杉山城」。しかし、ガイドブックのスタンプは現地ではなく役場にあるというので先に立ち寄ったのだ。
 スタンプを押してさあ杉山城、と思ったが、なぜかカーナビはただの交差点に俺たちを案内した。住所は正しいものを入れたのになぜか地図上の中学校を案内するし、現地について見ればその中学校すらない。
 総合的な判断をし、次の場所を目指すことにした。これもよくある。本当にヤバいやつは役所にスタンプが置いてある・・・。
f:id:M-I-5:20190222122532j:plain:w320f:id:M-I-5:20190222122547j:plain:w320
忍城の御三階櫓と案内文
 3つ目に訪ねたのは埼玉県行田市にある「忍城」。ここは市役所の隣にあって、博物館も併設されている。さらに都市部の中心街。なんとなく宮城県白石市白石城を思い出す立地と作り。
 開館時間ギリギリ、入場時間は終わっているタイミングだったので博物館には入れなかったが石垣の接ぎ方などの話をしつつ年代当てをしたらほぼぴったり。この辺の見方は忘れちゃいないようだった。
 さすがに夕方にもなってきたので車を浦和に走らせ、JR浦和駅前の立ち飲み屋で反省会をして解散。3つ目はまあまあ城感あったが、1つ目は原っぱだし、2つ目なんて役所しかたどりつけなかったし、相変わらずの旅だった。あまりにも唐突、そして残るトラウマ。
 The Trauma Tour Season 2の始まりだ。