歯医者通いから感じる働き方改革

 先週末に口内の銀歯が取れてしまい、歯医者に行ったところ虫歯が発覚。しかも3箇所。しばらく歯医者通いすることになった。
 ここ最近の働き方改革で強く実感するのは、早く帰れるようになったこと。業務量は変わっていない。移動時間が縮減されているのだ。
 例えば、外出から帰社をせず、外出先近くのシェアオフィスや喫茶店で働いてそのまま帰宅。これで移動時間分早く終われる。
 また、その時自宅近くの外出先だったら、帰宅時間も早くできる。俺は運良く担当しているお客さんすべてが自宅寄りなため、このメリットも得られる。
 結果、日中帯の移動時間で40分、帰宅時間の短縮で30分変わってくる。この恩恵で、地元の歯医者でも、平日営業時間内に余裕で間に合うことができる。
 地味な話かもしれないが、モバイル端末やテレビ会議などの活用は、ここ数年本気で良いと実感してきている。これらの浸透、さらなる活用を願って止まない。