日帰り登山

お手製お弁当(食べかけ)

 妻Y.I.の趣味には、山登りがある。とは言え、日帰り程度の簡単なもので、高校時代の親友H.O.と時々出かけていた。ところが先週その親友と山登りに行ったら*1、俺とも出かけたくなったと言い出し、今週一緒に山登りすることになった。
 正直、(車の運転は俺だが)連れて行かされている状態で何という山に登るかすら分かっていない。

 「秩父多摩甲斐国立公園」と書かれているが、結局ここがどこなのかもイマイチわからず。JRで言えばJR武蔵五日市駅の近くであることだけは分かっていた。
 しかし、昔の仕事(業務)や城巡りで多少は山っぽい場所を登っていたこともあり、登り始めてもY.I.に遅れることなく、むしろ俺のほうがややペース早く登れていた。恥ずかしながら助けられて登ると思っていたため、これはほっと一安心。

 結局登りきって見れば「城山」という山だったようで、山頂にはその看板が立っていた。標高434.1メートル。
 山頂ではY.I.が作ってくれたお弁当を食べて、下山。下山して12:00くらい。そこから温泉施設「秋川渓谷 瀬音の湯」なるところで風呂を浴びて帰宅。疲労で帰りの道中、家で寝ることばかり話していたが、まだ14:00くらいのこと。朝が7:00くらいに出発したのだから、当たり前といえば当たり前だが、1日が長く感じた。
 山登りが好きになったわけではないが、今日は良い運動だった。そして1日が長く使えたようで、有意義な1日になったのだった。

*1:Y.I.の親友H.O.との話はid:M-I-5:20181124、id:M-I-5:20181125参照。