Redmine

Redmine画面

 会社の業務では、プロジェクト管理ツールに「Redmine」というものを利用している。
Redmine.JP — Redmine日本語情報サイト
 作業(やること)が「チケット」という単位で設定され、それぞれに担当者が割り振られ、開始から終了までの状況をそのチケット内に掲示板的に書き込み、スケジュールや状況を管理する。簡単に言えばスケジューラのようなもの。
 プロジェクトマネージャを務める案件や、トラブル対応に追われる案件などもこれで管理。なんだかんだ1日2、3時間はこれに費やしている印象。企業間にまたいだコミュニケーションならばいいのだが、隣の部屋レベルでもこのツールで連絡してくるのはちょっと違和感。履歴を残す意味では仕方ないと思いつつも。また、これでスケジューラを自動生成できる機能や複数タスクを連結させる機能はあるが、誰も使いこなせていない。ただのチケット羅列ツールにしかなっていないし、日付・期日の設定もない。この辺を見直すのが結構大変。
 これぞまさに1番嫌いな管理のための管理。道具としてはいいのかもしれないが、使いようが悪すぎる。