湯西川温泉旅行 2日目

「会津まつり」中の市内の様子

 1泊2日で湯西川温泉(栃木県日光市)へ旅行中。その2日目。今日は、日光市国道121号線を使って北上し、福島県会津若松市まで抜ける。
 自分自身でもそうだし、全国を旅し、旅の伝道師とも言える旧友T.T.も好むこのコース。山並みの綺麗さは、来るたびに感動ものだ。

 1箇所目の立ち寄りは、福島県下郷町塔のへつり。昨日の龍王峡に似た川辺ではあるが、こちらは吊り橋があってそれが結構怖い。良い景色ではあるが怖さが先に立つ、変わった風の吹く場所だった。

 そして2箇所目は同町にある大内宿。実は塔のへつりも含め、この辺の観光地を訪ねたのは5年4ヶ月ぶり*1。当時は復興関連の仕事で観光地もたくさん行ったし、ここも思い出深い場所。そんな場所をまた旅し、さらには自分の仕事で設置されたシステムを利用するというのは、ちょっと不思議な気分だった。
 思えば、こういう街づくり・地域振興・観光振興などの仕事は、今の環境ではあり得ない。とても貴重な経験だったと、しみじみ思う。

 大内宿と言えば、側道に流れる水路を使っていろいろやっているところも特徴の1つ。今回はラムネが冷えていて、これを1本いただいた。思いの外暑さが残る今日には、とても良いシュワシュワ感。開けるのが上手く行かず、知らない人に開けたラムネを飛ばしてしまうあたりが観光っぽい感じだった。

https://www.aizukanko.com/event/95
会津まつり | 会津まつり協会
 3箇所目は会津若松城(鶴ケ城)。城下はもちろん、城に登って周囲を眺めていた。
 まったくの偶然なのだが「会津まつり」という会津若松市のお祭りの日だったらしく、城近辺・中心街は大変な混雑。もっと静かなイメージだったが、今回ばかりはお祭り騒ぎを楽しませてもらったのだった。この偶然は嬉しい誤算。
蕎麦 香寿庵 (こうじゅあん) - 七日町/そば [食べログ]
 ちょうど昼メシの時間帯だったので、城近くのそば屋「蕎麦 香寿庵」にて昼メシ。そばは特筆するほどの味ではないが十分美味い。さらに、馬刺しににしんの山椒漬け、こづゆ、饅頭の天ぷらなど、地域ならではの料理がセットで楽しめることは嬉しい。初めてこの地域を訪れるY.K.に、名物を紹介する意味では最適な店だった。
道の駅猪苗代ホームページ
 帰りは道の駅「猪苗代」に立ち寄り、お土産選び。家用に日本酒「七重郎」を購入し、目の前のI.C.、猪苗代I.C.から高速に乗り帰宅。
 短い1泊の旅ながら、水族館・温泉・宿場・城・郷土料理と楽しんだ2日間だった。また、景色が夏のギラギラした感じが終わり、ややしっとりしていることも良い。景色がそろそろ変わっていくこの季節、旅行がどんどん楽しくなりそうだ。

*1:5年前の様子はid:M-I-5:20130516参照。