「毒を食らわば皿まで」もありか

毒を食らわば皿まで

 安請け合いしたとある講演での講師役。6月21日に講演があるため、その資料作成をしていたのだが、他組織で類似の講演があり資料を使わせて欲しいとの依頼を上司K.W.が請け負ってしまう。他組織の講演は6月12日で9日早い。
 結果、資料作成が2週間弱早まる事態に。結局今週中じゃんということで、昨日も今日も、早出と残業のコンボで乗り切る。週末まではこのペース。会社的なトラブルが起きたわけではないが、個人的には十分トラブル相当だ。
 今月のトラブルはこれだけに収めたい、すでに過労確定な6月の状況。それとも、毒暗わば皿まで。最後の(今の組織への)ご奉公ということで、全部のトラブルを吸い込んでみるのもありか。