未だ手動バックアップの巻

外付けHDD(イメージ)

 3ヶ月に1度、PCのバックアップを取っている。主にドキュメントと写真と音楽。
 これが未だに手動で、10年近く前のUSB2.0インタフェースの外付けHDDに格納している。これが結構な手間かと思いきや、5分くらいの作業を行って、4時間くらい置きっぱなしにするだけなので大した手間じゃない。手間じゃないが故に未だにチープなバックアップ手法に頼っている。
 もっとスマートな方法を探さねばと毎回思うが、個人的にバックアップ取得方法にも条件があるため、移行案が見つからないでいる。バックアップを取得する間隔が長く、最大3ヶ月間分のデータが消える恐れがあるため、日単位くらいまでの間隔には改善したいのだが・・・。

  • クラウドへのバックアップだと月額料金の支出が馬鹿らしい
  • 外付けHDD挿しっぱなしは落雷・ウイルス感染等発生した際が怖いためNG
  • NASも同上(若干NASもありかな、と思った時はあるが)

 上記のような理由(言い訳)で、改善に着手しないでいる。多分今の外付けHDDがぶっ壊れるまでこのままなのだろう。果たして、いつになるだろうか。