アシタカラーの思い出

アシタカラーの思い出

300年

300年

バラエティに富んだアルバム

バラエティに富んだアルバム

 ふと懐かしくなってアシタカラーというバンドのCDを購入。「300年」と「バラエティに富んだアルバム」の2枚。
 2009年から2010年くらいだろうか、大学時代の同期A.I.の知り合い(先輩)が結成したバンドというきっかけで知り、それ以降、「きゃらめる」という歌が大好きでよく聞いていた。インディーズだったのでもう音源は手に入らないだろうと思っていたら、Amazon.co.jpでまだ買えると気づき、衝動買い。
 5年以上ぶりに聞いたが、当時と変わらぬ感動と、時が経った懐かしさと相まって、より良い感じ。やや哀愁がかったバンドの歌が、より哀愁を増した感じがする。過去好きだった音楽を回帰して聞くということは、時の経過が足され、予想以上に感動してしまう事に気づいた。加えて、このバンドがまだ現役だったことにも驚かされたが・・・。
 よくこのバンドの存在を思い出したと自分自身に驚きつつも、他にも昔聞いたまま通り過ぎてしまったバンドが無いか、やや考え込んでしまうのだった。