ニイガタ・アイヅ 1日目

雪残る越後川口S.A.(下り)にて。

 会社の後輩M.S.、S.I.との3人旅行第3弾。今回は桜を追いかけ、新潟県福島県会津地方を回ることに。
 初日は新潟県
http://www.nfcnet.co.jp/museum/
 はじめに立ち寄ったのは長岡市にあるトリックアート美術館「SOWA美術館」。今回のイロモノ系スポットは恐らくここ。
 ビジュアル的な奇抜さというより、閑散とし、かつ、寂れている雰囲気がイロモノ系だった・・・。職員さんたちが妙に親切で、館内では丁寧な説明をしてくれるし、立ち去るときにも手持ち看板を使ってクイズを仕掛けてくるなど、素晴らしい接客だった。

みかづき 小新店 - 寺尾/焼きそば [食べログ]
 そして昼食はこの地元ジャンクフード「イタリアン」だ。イタリアンを出す店「みかづき 小新店」。3人とも初の新潟市上陸で、初の食べ物がまさかのイオンのフードコート。
 それほどソース味の強くない焼きそばに、ミートソース、そして清涼感を出すためか、生姜の漬物が添えられている。味は良くも悪くも見た目通りのもの。セットにするとポテトが付くというのが違和感あった。

白根グレープガーデン
 次に立ち寄ったのはいちご狩りが体験できる「フルーツランド 白根グレープガーデン」。ここ、結構お気に入りになった。
 店側が摘んでおいてくれた複数種のいちごを食べ比べし、その後お土産用のいちごを1パック分自分で摘み、最後に好きな味のジェラートを最後に食べるという体験で1,100円だった。これは非常にお得感があって良い。何より食べ比べができ、それがちゃんと冷えたいちごという点が良かった。もちろん普通の30分食べ放題というプランもあるので、安心である。

 いちごパック詰め後のジェラートタイム。写真右手の紙袋はパック詰めして持ち帰るいちご。
 ちなみにこの時いちご味のジェラートは俺しか食べておらず、M.S.がチョコチップ味、S.I.がこしひかり味という謎セレクト・・・。

新潟せんべい王国
 この辺から食い倒れツアーの感が出てきたが、次に立ち寄ったのはせんべいの「ばかうけ」などを製造・販売する栗山米菓の施設「新潟せんべい王国」。
 1枚1,200円からで、超特大のせんべいを焼く体験が出来る。画像では見づらいが、絵も描くことが出来、俺は群馬県のイメージキャラクタ「ぐんまちゃん」を描いた。これは職場へのお土産になる予定。ちなみにぐんまちゃんにした理由は、誰にこのせんべいをあげようかと思った時、職場の先輩R.A.がパッと思いつき、R.A.が群馬に住んでいたからだ・・・。

ぽんしゅ館 利き酒番所 - 新潟/立ち飲み居酒屋・バー [食べログ]
 その後新潟市内のホテルにチェックインし、徒歩でJR新潟駅近くにある「ぽんしゅ館 利き酒番所」へ。500円でおちょこ5杯分の日本酒が試飲できる。
 飲んだ順に、柏露 特別純米(柏露酒造・長岡市)、一本〆 純米吟醸(恩田酒造・長岡市)、越後鶴亀 純米(越後鶴亀・新潟市)、八海山 純米吟醸(八海酒造・南魚沼市)、越後美人 純米吟醸(上越酒造・上越市)。大変美味しくいただけた。ここはとてもコスパ良い。

 ちなみに同店では酒のアテはほとんど用意せず、基本はこの塩をアテに飲むスタイル。少し小腹を満たしてから来るのが正解である。空腹で行ったので随分酔いが回った・・・。

越後一会 十郎 (エチゴイチエジュウロウ) - 新潟/居酒屋 [食べログ]
 さすがに素酒で終わりなわけもなく、サラッとぽんしゅ館を後にしたら、新潟の銘店居酒屋「越後一会 十郎」へ。
 のどぐろはじめ、目頭の下がるような素晴らしい魚が用意されている。その素晴らしさも今日また改めて再確認させてもらった後、ぽんしゅ館ではあえて飲まなかった〆張鶴(宮尾酒造・村上市)をここで登場させたのだった。
 B級グルメでスタートして、段々レベルが上って最後は新潟No.1の組合せでフィニッシュをキメた。本当に最高だった。しかし、元々の「桜を追いかけ」はどこへ行ったのやら。明日こそは食だけではなく景色も楽しみたい。