若くてオドロキ

若くてオドロキ

 他関連部との打ち合わせ。相手側の担当者は20代の3年目社員。こちらが連れて行った担当者も20代の2年目社員。そして俺。
 この人員で埼玉県域で注目されているプロジェクトを始めようとするのだから驚き。さいたまに来て以来、関連する部課の人材が若い。非常に驚いている。
 今まで進めてきた伝統的・お作法的な手順がない分、無秩序・無統制な仕事の進め方に見える。勢いもあるし良い印象であるし、決して「最近の若いものは」的発想なんて無い。単純にやり方の違いに気づいた時、若さというビジュアルに目を向けがちというだけ。
 そうは言った所で、果たしてそれでいいのか、それとも。