記憶も記録もなし

時間の無駄(Waste of time)

 何をやったか思い出せない日もある。今日がまさにその日。このBlogを書いている11月28日現在、この日に何をやっていたか思い出せない。
 大抵は記憶として覚えている。忘れていたなら、メールやLINE、写真、さらにはクレジットカードなど、記録を確認してその日の記憶を思い出す。この日の記録上では最寄りのスーパーマーケットで1,000円強の買い物をしたことがあるくらい。多分これは夕飯を買ったのだろうだけど、残念ながらこの日の記録では記憶を思い出せなかった。
 過ぎ去った時間にはきっと何かの学びがあった。だが残念だけど、この日の学びは身につくことは無かったようだ。記憶もなければ、記録もないのだから。
 まさにこれこそ"時間の無駄"。過ぎた時間を何も振り返ることができない。すごく悔しいことだ。