受注の知らせ

受注の知らせ

 先月下旬より臨戦体制に入っていた重要な案件*1が、無事受注となった。さいたまへ来て以来、初めてほっと胸を撫で下ろす瞬間だった。
 営業の担当課長M.M.が結果を知らせに来てくれて、そのまま部長の元へ報告し、謝辞を貰った。一通り俺のお役目を終えたことになる。あとは構築をしっかりやる(やってもらう)だけだ。
 "重要な"と度々付けているだけあって、全社的に今後さらに注目される案件。今後はしばらく社内の対応に追われるだろう。案件の経緯や受注のポイント、横展開などの説明が必要だ。特に利益という観点で、非常に良い数字が出せた。
 祝勝会はあえてせず、今日は1人でこのことを祝った。俺は今日、1つのステップを昇ったのだ。

*1:詳細はid:M-I-5:20160926参照。