事の顛末

事の顛末

 昨日*1の財布紛失から一晩明け、年休を取り、いろいろ手続きに向かった。
 まずは免許証交付。仙台市泉区にある運転免許センターに向かう。昨晩、身分証明書が個人番号カードしかなく、これが証明書の代わりになるか疑問だった。ダメもとで電話したが、0:00過ぎでも普通に免許センターは電話に出た。ちょっと驚き。なお、使えるとのことで安心した。そのため、とりあえず免許証は再交付手続きでき、10:30には交付が終わった。案外多いもので、午前の部で10人ほどが再交付していた。
 次にゆうちょ銀行のキャッシュカード再発行。窓口でしかできないとかなかなかレトロ。市営地下鉄泉中央駅の駅ビルにある郵便局にて手続き。こちらは滞り無く。なお、各種クレジットカード、三井住友銀行キャッシュカード、Pontaポイントカードはすべて電話での対応が出来た。この違いはなんなのだろう。
 次にnanacoカード。これは発行自体コンビニなので、再発行もコンビニ。電話にて引き継ぎ番号を取得し、コンビニにてそれを告げると新しいカードが発行される。ポイントは新しいカード受け取り時に貰える申請書を用いて引き継ぐ。カード発券が先で、かつコンビニ発行というポイントカード再発行の仕組みは、ちょっと良いかも。
 4つ目はちょっと関係ないけど、東北ろうきんの解約。仙台に住み始めたころ自動車を買う際にローンを組むので作ったが、もう使っていないので解約。最後の残高は2円だった。金融機関の解約って実は初めてでちょっとドキドキだったが、地味な作業だった。
 ここまで終えて、自宅に帰宅。周囲を改めて探してみるも見つからず。意気消沈で家に帰ると、帰った途端、知らない番号から電話が。嬉しいことに財布が見つかった。しかもまるごと残っていたらしい。大変嬉しい連絡だった。
 早速取りに行った。場所は隣町(地区)の交番だった。JRのひと駅先にあたる住宅街に落ちていたらしい。なぜ1駅先なのか、まったく理由はわからないがとりあえずそういうことらしい。中身も残っていた。多少現金が減っているように思うが、飲み代として使ったのを覚えていないだけだろう。
 見つかってしまえば、喉元過ぎれば熱さを忘れるというやつで、再交付などに走り回った1日の苦労がドッと降ってきた。まあいい。再交付できないような類も多かったのだし、見つかったことが何よりだ。
 年休をとった際に事情を知り、最後まで心配してくれた上司たちに感謝。次会ったら笑われるだろうな・・・と思いつつも、その思いやりをありがたく感じた1日だった。

*1:id:M-I-5:20160619。