そば録 -帰る場所は-

朝のJR川崎駅前(2015年12月30日)

 そば録50回目*1

 川崎。09:10。「名代 箱根そば 川崎店」。
名代 箱根そば 川崎店 - 京急川崎/そば [食べログ]
 JR川崎駅東口を出て、北東方向へ向かう。市役所前通りに面するDICEという商業ビルの路面(1階)にある。なお、この店を紹介するのは3度目だ*2
 かき揚げ天そば390円。いつもの日常と祭りの翌朝、その中間くらいの雰囲気がする朝の川崎。俺の好きな風景の1つ。約3年前は、この風景が当たり前だった。これが基準だった。しかし、3年という時間と東北という地域は、特に仙台といわきは、この基準とはまったく違った生活を俺に過ごさせた。それは危険の形はこれ(川崎)1つじゃないということだ。
 今すぐにでも川崎へ帰りたいという思いと、川崎以外の選択肢とで揺れている。もちろん、東北に残る気持ちなんて欠片もない。俺は今以上に、川崎以上にヒリヒリした生活を求めている。残り時間の少ない中、どこがその最適解なのか。
 果たして、俺は本当にこの街に戻るのだろうか。自問自答がしばらく続くだろう。

*1:49回目はid:M-I-5:20151119参照。

*2:2度目の紹介はid:M-I-5:20121231参照。