神戸へ、親友を祝いに行ったんだ, Day TWO

言われれば似ている気がする。


 神戸に来ています。ここはホテルオークラ神戸。
 今日は大学時代の親友M.K.の結婚式。昨日からの2泊3日で神戸入りしていたんだ。カラッとした海沿いの晴れの日で、会場の誰しもが天候と2人を関連付けていた。

 結婚式も披露宴もM.K.の性格を表すように、真面目で、そしていろんなところに笑顔や笑いがあり、2人と、周囲の人たちの人間性が分かる場だった。俺たち含め、周囲が祝っている気持ち、そしてそれに対する2人の感謝を強く感じたのだった。

お探しのページはみつかりませんでした | トワイライトエクスプレス
 ウェディングケーキが電車なのは、M.K.がJR西日本の社員であると同時に鉄道マニアだから。記憶が定かならば、モチーフはJR西日本の運行するトワイライトエクスプレス。上司からのスピーチでも、ちょいちょいマニアなことを暴露されていて、会場の笑いを誘っていた。
 同時に、ビスコが卓上に置かれていたのは、スピーチをした上司のしわざ。M.K.は現在、動力車操縦者養成所の講師をしているらしいのだが、そこの生徒から「ビスコボーヤ」とアダ名を付けられているらしい。それでおちゃめな上司が買ってきて置いたのだった。
 周囲の同僚・先輩・上司もそうだが、会社員としてのM.K.の顔は見たことがない。自分もそうであるように、互いに知らぬ6年を過ごしてきているのだと気付かされたのだった。

 披露宴では料理を楽しんだり、余興を楽しみつつ、K.I.と2人してM.K.の元に何度も押しかけ、謎のアピールをしていた。多分、会社の同僚らからすれば、「大学の同期連中は面倒くさそうだなー。」と思われただろう。けど、これが俺らの楽しみ方なんだ。
 併せて自席でK.I.、S.T.と3人でふざけていたら、M.K.の高専の同期連中からは、なぜか憧れの目線をもらうことになったが・・・。随分仲良くさせてもらった。
 最後に新郎スピーチがあった。至って真面目な話ばかりするので、K.I.と2人で遠くから車掌のジェスチャでアピール。M.K.には定番の台詞がある。思惑通り、最後はアドリブで「2人の未来に、出発進行!」*1と言わせ、個人的には大満足だった。
 幸せな雰囲気を1日中味わい、自分も幸せになった気分。そして、親友3人組の2人が結婚し、自分もそろそろ結婚を考えねばと思い始めた今日このごろである。

*1:ちなみに、以前K.I.の結婚式をBlogで書いたら、当時のM.K.のコメントもそれだった。id:M-I-5:20130525参照。