ふるさと納税

都城市

 今日は、前から興味があったふるさと納税を試してみた。
ふるさと納税とは? | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]
 ふるさと納税とは、好きな自治体へ現金を寄付すると、一定額を住民税から控除してくれる制度。この制度を使うと、年収に応じた一定額までであれば、いくら寄付しても自分自身は2,000円の負担で寄付することができる。そして、ふるさと納税で寄付をすると、寄付した自治体からお礼の品をもらえる場合が多いのだ。
 早い話が2,000円の負担でいくつもの自治体からお礼の品がもらえる制度。今年から制度改定があり、申請が簡素化された。今まで個別に確定申告しなければならなかったが、送られてくる申請書を寄付先自治体へ返送するだけで済むようになった*1。そこが今回お試しするキッカケ。
 早速、上記サイト「ふるさとチョイス」に登録し、ふるさと納税のお礼の品を検索し、寄付してみた。

  • 宮崎県都城市「今週の焼酎(8)霧島とワイン飲み比べ」(寄付額:20,000円)
  • 北海道当別町ROYCE’チョコレート詰め合わせ」(寄付額:10,000円)

 お試しということもあり、まずは必ず消費して賞味期限が長い、酒と菓子の2つを選択。ちなみに、どちらの自治体共、まったく縁もゆかりもないし、「この自治体のために寄付したい。」とかいう感情もなし。お礼の品だけで決定。
 どのようにして発送されてくるのか。申請は果たして簡単なのか。品も制度手続きも楽しみである。

*1:申請関係には、俺のパターンが該当しない人もいます。各自確かめた上で実行ください。