三陸・下北ツーリング 4日目(最終日)

JR大湊線 キハ100形

 三陸・下北ツーリング4日目。昨日も一昨日に引き続きむつ市内で1泊。昨日起きたYZF-R1の車両トラブルにより、俺は電車で仙台まで戻ることに。T.T.はバイクで仙台と、2人別ルートでの帰宅になった。

 いいか悪いか初の乗車となる青森の電車。JR大湊線の快速しもきたへ乗車し、八戸を目指す。

 海沿いを走る在来線なんて滅多にないため、絶景をまろやかに楽しんでいた。この快速しもきたは八戸行のため、野辺地駅で青森方面へ乗り換える人が降りたり八戸方面へ行く青森の人が乗ってきたり。結構混み合っているものなのだなと、失礼ながら思った。 

 八戸からはJR東北新幹線はやぶさに乗り換え。転んでもただじゃ起きないというポリシーのもと、駅弁とビールを食らう。現在午前中、10:00前後。こんな時間に酒飲んでいるのなんて俺くらいかと思いきや、意外とみんな酒飲んでいて驚き。
 12:30には帰宅できたこともあり、荷物の片付けと、今日泊まっていくT.T.の受け入れ準備。

 そこから夕方になってT.T.が仙台へ到着し、風呂入ってから仙台駅前へ。仙台に住むJ.K.と、今回4月から東北大学編入学してきたT.T.(同じイニシャルだが、別の人)と4人で集まり、この旅、最後の宴となったのだった。特にT.T.の編入学の話は、今日になってtwitter上で急遽知ったことで大変驚き。3人で集まる予定をしていたので無理言ってT.T.にも集まってもらったのだった。そんな編入学の話と、今回のツーリングの話を肴に、久々の同期の桜を楽しんだ。
 風景、風、風土、人、言葉、友情、出会い、成功と失敗、匂いと味、振り返り、笑い、感謝。その他数えきれないくらいのさまざまな学びがあった4日間。俺はこの4日間を忘れない。この学びを1つの糧にして、明日からをより良いものに変えていくのだ。変えるためのことは、十分に学べたのだから。