そば録 -帰りの切符-

そば処

 そば録44回目*1

 福島。07:38。「そば処」。
そば処 - 曽根田/そば [食べログ]
 JR福島駅の新幹線改札内コンコースの、改札入って左手方向の新幹線ホームに向かうエスカレーターの下にある。
 コロッケそば330円。新幹線通勤の連中に紛れて、俺は今週もハードトローリーを抱えて歩いている。俺にとって福島というのは新幹線の駅と高速バスの停留所、うちの会社の事務所、それといくつかのコンビニエンスストアで作られている。広い土地の中で知り得た世界は未だ、とても狭い。一方で、努力してでも知ろうとは思っちゃいない。
 改めて思う。別に仙台も福島も、もちろん東北も、愛着なんて湧くことなんてなかった。品川と川崎の世界が未だ俺のありたい世界で、今現在においてはその世界を離れて休暇旅行に出ているしかない。
 なぜならば、俺は物事の本質を体感したいのだ。もっと危ない状況で、もっと官能的に、怒号を受けながら、妬みを味わいながら、もっともっと体感したい。そのためなら、人殺しでも強盗でもなんでもするよ。なんなら、自分が死んでもいい。
 そろそろ、長い旅も終わりにしようと思う。帰りの切符を盗まなきゃ。

*1:43回目はid:M-I-5:20140622参照。