富岡・草津旅行, 後半

草津温泉湯畑にて


 今日は富岡・草津旅行の2日目。そして、写真はいきなりの草津温泉湯畑の様子。余りある魅力があるためまったく不満は無いが、それでも遠い草津温泉。交通の便が悪いのが、逆に魅力に感じている。J.K.、T.N.の2人は初めてのようで、結構感動してくれて良かった。俺は数回来ていることもあり、改めての変化を楽しんだ。
 初めての顔ってこんな風なのだと2人を見ていて思う。普段の表情をよく知っているだけに、驚きの認識だけを特に見ることができる。これは人へ何か影響を与えるということにおいて、ちょっとした発見。

 昼食は草津温泉湯畑近くの定食屋兼居酒屋「暖」。生まれや育ちの違いで好きな生姜焼きのカタチってあると思うけど、その常識をくつがえすような生姜焼きを出す店だった。分厚すぎ。そして、ウマ過ぎ。残念ながら俺はこの家の子どもにはなれそうもないけど(漫画「深夜食堂」の影響)、それでも、感動モノだったよ。

 全員明日は仕事ということで、T.N.はJR高崎駅に送り出し、J.K.と2人、17:00には新幹線の中。いつでもこんな遊びはできるから、引き上げも早い。2人、新幹線で酒飲みながら感想戦
 いいんだよ、楽しければ。いいんだよ、面白ければ。笑い合って何かして、それでいいんだ。遊びの中、学んだ昨日、気づいた今日。とても嬉しい2日間。